北京旅行で自由にネットできる!WiFiレンタルおすすめ2選

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

北京を旅行するとき、気をつけなければならないのがネット規制です。

中国では私たちが日本で使うLINEやGoogle、TwitterなどのSNSが規制されていて使えません

これでは旅行中、Googleで何も検索できないし、日本にいる人とLINEで連絡もできなくて不便ですよね。

なんとか、中国でもネットを自由に使う方法はないものでしょうか?

実は、そのような規制を回避して、日本にいるときと同じようにネットが使える方法がちゃんとあるのです!

その、もっとも簡単で確実な方法が、WiFiレンタルです。

この記事では、中国の特殊なネット環境の下で、自由で快適なインターネットをするために、おすすめなWiFiレンタルを紹介します。

1.中国のネット事情

北京の故宮。近くにある景山公園からは故宮を一望できる。

中国では政府によってインターネットが規制・監視されています。

このネット規制の政策のことを「金盾(きんじゅん)」といいます。

この金盾によって、私たちが普段使っているネットサービスが中国では使えません。

たとえば、以下のようなものです。

  • LINE
  • Google(Google検索、Gメール、Google Maps等、Googleサービス全般)
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Dropbox
  • Yahoo検索(Yahooメールは使える)

中国ではホテルや飲食店でフリーWiFiを利用できることも多いですが、中国国内であるかぎり、ネットは規制されています。

だから、日本で使える上記サービスはフリーWiFiでも使えません。

中国に行ったら、ホントにGoogleが使えなかったんです!
LINEも使えないし、日本にいる家族と連絡が取れなくて困りました!

では、これらのサービスを中国で使うためにはどうしたらいいでしょうか?

2.中国で自由にネットを使うためには

北京の頤和園。西太后が愛した風光明媚な庭園。世界遺産に登録されている。

中国で自由にネットを使うには、以下の方法があります。

  • 中国特別回線つきWiFiレンタル
  • 香港simカード
  • VPN(Virtual Private Network)
  • 携帯各キャリアの国際ローミング

結論からいえば、中国特別回線つきWiFiレンタルが一番簡単に使えます。

スマホやタブレットがあれば、誰でも使えるのでオススメです!

香港simカードでも、ネット規制を回避することができます。

しかし、このsimカードを使うためには、スマホがsimフリーでなければなりません。

ですので、今回の記事ではあつかわず、別の記事で紹介することにします。

VPNは簡単に言えば、プライベートな専用線によって作られた安全なネットワークのことです。

このサービスによっても、規制回避できます。

ただ、このVPNだけではネット接続はできません。

旅行中いつでもどこでもネットを使うためには、VPNとは別にネットに接続するためのもの、WiFiレンタルかsimカードが必要になります。

ですので、VPNについても省略します。

各携帯会社による国際ローミングは、他と比べて高額です。

また、格安スマホ・格安simでは通話・SMSが使えるだけで、データ通信に対応していない(ネットが使えない)ことが多いです(UQmobile、BIGLOBE、IIJimo、mineoなど)。

この国際ローミングについても、ここではあつかいません。

3.中国特別回線つきWiFiレンタルがおすすめな3つの理由!

  • 1:操作が簡単
  • 2:データ容量が選べる
  • 3:困ったときのサポートがある

それでは、WiFiレンタルがおすすめの理由を順番に紹介していきます。

1:操作が簡単

WiFiレンタルは難しい操作や知識がいらず、簡単に使えます。

また、香港simカードのように、スマホがsimフリーであるといった条件がいらず、ただスマホかタブレットがあれば使えます。

利用するための敷居が、たいへん低いといえます。

1.WiFiレンタルを借りる

グローバルwifiのwifi端末セット

2.電源を入れる

グローバルwifiの電源入れた様子

3.「設定」→「Wi-Fi」

スマホの「設定」から「Wi-Fi」を選択します(iPhoneの場合)。

iphoneの設定画面

4.Wi-FiをON

iphoneの設定画面のWiFi一覧

5.SSID(WiFi名)を選択

「ネットワーク」一覧のなかに、WiFi端末の画面またはシールにあるSSID(WiFi名)と同じものを探し、選択します。

iphoneの設定画面のWiFi一覧2

6.パスワード入力→接続

WiFi端末の画面、またはシールにあるパスワードを入力し、「接続」を押します。

iphoneのパスワード入力画面

7.接続完了

SSIDの左に「レ」マークがついたら、接続完了です。

グローバルwifi接続完了画面

アンドロイドでも基本的に同じです。

これでネットが使えるようになります。かんたんですね ♪

2:データ容量が選べる

WiFiレンタルでは、1日どれくらいネットを使うかというデータ容量を、500MB、1GB、無制限など、自分にあったプランを選べます。

とくに、無制限プランは動画をたくさん見たり、ネットを四六時中使いたいヘビーユーザーには嬉しいプランです。

3:困ったときのサポートがある

万が一トラブルが起きたときのために、WiFi各社にはカスタマーセンターがあります。

24時間365日、電話・メールで対応しているところが多いので安心です。

simカードやVPNではトラブルにあったとき、解説書やネットの解説ページを見てあれこれ操作するというように、自力で解決する必要があります。

そのような手間と労力と難しさが、WiFiレンタルにはないのがよいところです。

実際、私は中国のsimカードで苦労したことがあります。

データ容量を追加したかったのですが、そのsimを設定するためのアプリが中国語なので、やりかたを理解するのに時間がかかってしまったのです。

WiFiレンタルならサポートに聞けるし日本語なので、そんな苦労もせずにすみました。

4.WiFiレンタルを選ぶ4つのポイント

北京の王府井。雑貨屋・屋台から服飾店、ショッピングモールまで揃う一大繁華街。

1:中国特別回線がついているか

WiFi会社によっては、中国プレミアム回線プラン中国VPNともいわれます。

中国国内にいてもLINEやGoogle、Twitterなどの各種SNSが使えるプランです。

この中国専用プランでないと、上記サービスは使えません。

必ずこのプランを選びましょう。

2:値段

WiFiレンタルのレンタル料は、通信速度(3Gか4G)とデータ容量によって決まります。

その定額通信料オプション料(紛失盗難補償やモバイルバッテリーなどのレンタル料)×日数受取返却料によって、総合の料金が決まります。

このうち定額通信料に各社差がありますので、今回紹介するWiFi会社について以下比較してみました。

速度 容量/日 グローバルWiFi チャイナデータ
3G 300MB 1,270円  
  600MB 1,570円  
4G 300MB 1,570円  
  500MB   780円
  600MB 1,770円  
  1GB    
  1,1GB 1,980円  
  無制限 2,470円 880円

この値段から、各社「早割」による値引きが可能です。

早割とは、出発日より早い時期に予約すると割引されるというもの。

早割が適用されれば、グローバルWiFiは200円引き、チャイナデータは10%引きです。

3:空港受取、返却

WiFi機器を空港で受取返却できるのは便利なので、利用したいという人は多いでしょう。

ただ、WiFi会社によっては宅配のみで、空港での受取返却には対応していないところもあります。

とくに地方の空港では受取できないところが多いので、注意が必要です。

以下が、各社の受取可能な空港です。

グローバルWiFi 新千歳、旭川、仙台、成田、羽田、新潟、小松、関西、中部、伊丹、福岡、北九州、大分、宮崎、鹿児島、那覇、みやこ下地島
イモトのWiFi 新千歳、成田、羽田、関西、中部、福岡
チャイナデータ 成田、羽田、関西、中部、福岡(各空港内JALエービーシーまたは郵便局で受取、返却は郵送のみ)

グローバルWiFiとイモトのWiFiは、各空港に返却BOXを設置しており、空港返却が可能です。

4:サポート体制について

24時間365日対応しているか確認しましょう。

万が一トラブルにあったときに安心です。

問い合わせ方法も確認しておきましょう。

電話やメールが多いですが、なかにはグローバルWiFiのように、LINEやスカイプで問い合わせできるところもあります。

5.おすすめWiFiレンタル2選

1:グローバルWiFi

速度 容量/日 定額通信料
3G 300MB 1,270円
  600MB 1,570円
4G 300MB 1,570円
  500MB  
  600MB 1,770円
  1GB  
  1,1GB 1,980円
  無制限 2,470円

世界200以上の国と地域に対応し、年間270万件以上レンタルされているWiFiレンタル会社の大手です。

2014年と2016年にはトリップアドバイザーの「トラベラーズチョイス〜旅行者のお気に入り〜」モバイルWi-Fiルーター部門で第1位を受賞しています。

実績と評価が申し分なく、迷ったらグローバルWiFiにしておけば大丈夫でしょう。

充実のサポート体制

カスタマーセンターは24時間365日開いてます。

また電話・メールだけでなく、LINESkypeでも問い合わせできるというのも嬉しいところです。

海外旅行初心者や中国旅行に慣れてない方でも安心ですね。

業界最多の受取可能な空港数

国内17空港、35ヶ所のカウンターでWiFi機器の受取・返却ができます。

地方の空港を使う予定で、空港受取を希望される方は、グローバルWiFiが唯一の選択肢になりえます。

早割が出発日間近でも適用される

早割は定額通信料の200円引きですが、その適用条件である申込期限が、他社に比べて出発日寄りに設定されていることも長所といえるでしょう。

どの空港で受け取るか、宅配で受け取るか(住所はどこか)によって申込期限が変わるのですが、最も早く申し込まなければならない場合でも、出発3日前15時までに予約すれば早割が適用されます。

たとえば新千歳空港、旭川空港、新潟空港、みやこ下地島空港の各空港受取と北海道、沖縄、離島の宅配受取の場合です。

イモトのWiFiやチャイナデータは、1カ月前以上に予約しなければ早割は適用されません。

ですので、早い時期に予定を決めることができず、出発前1カ月を切った方には、早割の可能性がまだあるグローバルWiFiは有力候補になりうるでしょう。

アプリからの申し込みで20%OFF+受渡手数料無料

大変お得です!

いますぐ、アプリをダウンロードしておきましょう。

その他のポイント

1日の容量を超過した場合でも最大512kbpsのスピードで連絡に必要なSNSが使える速度規制緩和オプション、また旅行中に容量追加可能、さらに最新機種では最大15時間使える大容量バッテリー搭載、などです。

プランは「特別回線

中国のネット規制を回避できる「特別回線」を選んで下さい。

それ以外のプランでは、LINEやGoogleなどが使えないので注意が必要です。

また、通信速度は3Gではなく4Gがおすすめです。

日本の4Gに慣れたスマホユーザーからすると、3Gはかなり遅く感じられるはずです。

以下、グローバルWiFiの詳細な情報です。

空港受取 500円
宅配受取 1,000円
空港返却 0円
宅配返却 客の実費負担
安心補償 200円/日、300円/日、500円/日
キャンセル料 出発日の4日前までは無料、3日前からキャンセル料が申し込み金額の100%かかる。
延滞料金 帰国日の3日前から帰国後3日までに延長申請すれば、通信料+オプション料×日数が延滞料金。延長申請しなかった場合は1,970円+オプション料×日数。1日の通信料が1,970円を超えてる場合はその通信料+オプション料×日数。
連続使用時間 最大15時間
同時接続可能台数 5台
サポート 24時間365日。電話、メール、LINE、Skype

感想

LINEで24時間サポートを受けられるということを、グローバルWiFiは前面に出してアピールしており、サポート体制に力を入れていることがうかがわれます。

言葉の通じない中国で、これは安心ですね ♪

プランやオプションも豊富で、北京旅行初心者には一番おすすめできるWiFiレンタルです!

北京旅行が決まったら、すぐにグローバルWiFiに申し込んでください!

グローバルWiFi公式サイトへ

2:チャイナデータ(グローバルモバイル)

速度 容量/日 定額通信料
4G 500MB 780円
4G 無制限 880円

定額通信料が最安

中国専用のWiFiレンタル「チャイナデータ」。

グローバルWiFiと比較してもそうですが、一般的なWiFiレンタルの中でも最安の部類です。

4G対応で500MBの「チャイナデータbasic」が780円/日、無制限の「スーパーチャイナデータ」が880円/日。

もちろん中国のネット規制を回避して、LINEやGoogle、SNSが使えます。

宅配が往復送料無料

これはチャイナデータも自負するとおり業界随一でしょう。

ただし沖縄への発送は行ってないので要注意。

また空港受取も無料です(ただし羽田空港は500円)。

長期割引「マンスリープラン」あり!

500MB=18,000円/月(1日平均600円、その後の延長も1日600円)、無制限=21,000円/月(1日平均700円、その後の延長も1日700円)。

24日以上の長期旅行なら、このマンスリープランの方がお得になります。

グローバルWiFiも長期割引はありますが、中国専用回線ではないプランになるので、LINEやGoogleは使えません。

一方、チャイナデータのマンスリープランはネット規制の回避に対応したものです。

これがチャイナデータの強みといえます。

空港受取 無料(羽田のみ500円)
宅配受取 無料(沖縄のぞく)
空港返却 なし
宅配返却 無料
安心補償 200円/日、300円/日、500円/日
キャンセル料 出発の3日前から1,650円のキャンセル料が発生。
延滞料金 定額通信料+オプション料×日数
連続使用時間 チャイナデータbasic約8時間、スーパーチャイナデータ約12時間
同時接続可能台数 チャイナデータbasic10台、スーパーチャイナデータ5台
サポート 24時間365日。電話、メール

感想

北京を一人旅する人のなかには、長期で行きたい方やバックパッカーがいることでしょう。

かくいう私も、コロナ前まではよく北京や中国のその他の地域を旅行していて、期間はたいてい1ヶ月以上でした。

そんな私にはこのマンスリープランがとても魅力的に映ります。

安さと長期割引で選ぶならチャイナデータです。

6.まとめ

北京へ旅行する時は、現地でネットを自由に使えるようになる最も簡単で確実な方法、中国特別回線付きWiFiレンタルを使ってください。

中国特別回線付きWiFiレンタルなら、スマホやタブレットがあれば誰でも使えます。

簡単な操作でWiFiにつなぐことができるので、難しいスマホ操作が苦手な人でも安心です。

自由で快適なインターネットがいつでもどこでもできたら、旅が楽しくなることまちがいなし! 

私のおすすめは、グローバルWiFiです。

北京旅行が決まったら、すぐに申し込んでください。

Scroll to Top