WiseデビットカードはATMキャッシングにおすすめ。お得に人民元を入手できる【北京旅行】

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

北京旅行で現金(人民元)を入手するのに便利なのが、ATMキャッシング。

基本的にクレジットカードでATMキャッシングしたほうがお得な場合が多いですが(セディナカードなど)、諸事情によってデビットカードを使いたいことがあるかもしれません。

そんなデビットカードのなかでおすすめなのが、Wiseデビットカードです。

Wiseデビットカードなら毎月2回まで、30,000円未満のATMキャッシングの手数料が無料!

3回目以降でもATMキャッシングにかかる手数料は、デビットカードのなかでは格安です。

今回はWiseデビットカードを紹介します。

Wise公式サイト

1.Wiseデビットカードの基本情報

Wiseとは、海外送金のサービスを提供しているイギリスの会社です。

世界で利用者数は1,600万人以上、毎月の送金総額は9,000億円を超えます。

この人気の理由は海外送金の手数料が格安であることにありますが、ここではそれについては触れません。

あくまで北京旅行で役に立つ、ATMキャッシングについて紹介します。

Wiseはデビットカードを出しており、このカードを使ってATMキャッシングができます。

以下、基本情報です。

ブランド Mastercard
年会費 無料
カード発行手数料 1,200円

Wiseデビットカードについて、ATMキャッシングに関連したメリット・デメリットを見ていきます。

2.Wiseデビットカードのメリット

Wiseデビットカードのメリットは、ATMキャッシングの手数料が安くてお得なことです。

具体的には、以下の3点です。

  • 毎月2回まで合計30,000円未満ならATM手数料が無料
  • 毎月3回目以降でも30,000未満なら海外手数料がかからない

まとめると、以下の表のようになります。

  1ヶ月あたり 30,000JPY未満 1ヶ月あたり 30,000JPY以上
毎月2回までの引き出し 無料 30,000JPYを超えた金額の1.75%
3回以上の引き出し 1回の出金あたり70JPY 70JPY+30,000JPYを超えた金額の1.75%

順に解説します。

1.毎月2回まで合計30,000円未満ならATM手数料が無料

まず毎月2回まで合計30,000円未満なら、ATMキャッシングの手数料が無料です。

デビットカードによるATMキャッシングでは、ATM手数料(カード会社に払う手数料)と海外手数料(海外事務手数料とも呼ばれる)がかかるのですが、それらが無料です。

注意点として、両替手数料と”海外ATMオーナー手数料”はかかります。

Wiseアカウントに人民元がない場合、人民元をATMキャッシングすると両替手数料がかかります。

もしWiseアカウントに人民元があるなら、ATMキャッシングで人民元を引き出しても両替手数料はかかりません。

両替手数料はこのページから事前に調べることができます。

後者の”海外ATMオーナー手数料”については、下のデメリットの項で説明します。

2.毎月3回目以降でも30,000未満なら海外手数料がかからない

毎月3回目以降のATMキャッシングでも、引き出し額が30,000未満なら海外手数料がかかりません

上の表にある「30,000円を超えた金額の1.75%」というのは、海外手数料(海外事務手数料)と呼ばれるものです。

これはデビットカードでATMキャッシングするさいには、普通かかる手数料です。

この海外手数料もWiseデビットカードなら、ATMキャッシングの額が30,000円未満ならかかりません。

これは他のデビットカードに対する、Wiseデビットカードの強烈な優位点です。

一般的なデビットカードならATMキャッシングで引き出した額にかかわらず、海外手数料が一律に1.6%から2.2%かかるからです。

ですのでATMキャッシングの引き出し額が30,000未満なら、月3回目以降でも他のデビットカードよりWiseデビットカードの方がお得です。

合計金額は、カード発行国の通貨で計算されます。

ATMで人民元を引き出した場合でも、日本円で計算されるということです。

3.Wiseデビットカードのデメリット

Wiseデビットカードには上にあげたメリットがありますが、デメリットもあります。

ここではWiseデビットカード固有のデメリットとともに、デビットカード一般のデメリットもあげます。

後者のデビットカード一般のデメリットとは、ATMキャッシングに関してクレジットカードと比較したときのデメリットです。

つまり後者のデメリットは、他のデビットカードと比較したときにはWiseのデメリットにはならないものです。

1.Wiseデビットカードのデメリット

毎月3回目以降のATMキャッシングでATM手数料がかかる

Wiseデビットカードは毎月3回目以降のATMキャッシングの際、1回の引き出しにつき70円のATM手数料がかかります。

上で解説した「カード会社に払うATM手数料」のことです。

このATM手数料が無料のデビットカードもあるため、この点はデメリットと言えます。

ただ70円というATM手数料は、安いほうです。

デビットカードのATM手数料は一般的に、日本円で1万円以上は220円(税込)、1万円以下は110円(税込)かかるからです。

2.デビットカード一般のデメリット

1.ATMオーナー手数料がかかる

デビットカードでATMキャッシングすると、”ATMオーナー手数料”がかかります。

そもそも海外ATMキャッシングには、以下の2種類のATM手数料があります。

  • カード会社に払うATM手数料
  • 海外ATMオーナー手数料

Wiseデビットカードで毎月3回以降かかる70円は、ひとつ目の”カード会社に払うATM手数料”です。

二つ目の”海外ATMオーナー手数料”とは、ATMを設置している銀行などに払う手数料です。

別名「アクセス・フィー」とか「オーナー・チャージ」とも呼ばれます。

このATMオーナー手数料はクレジットカードではかかりませんが、デビットカードではかかります。

Wise公式サイトでは、以下のようにあります。

一部のATMでは追加手数料がかかる場合があります。これらの手数料を予測することはできません

ATMでの現金の出金手数料について

これはクレジットカードと比較した場合、デビットカードのデメリットとなるものです。

ただこのATMオーナー手数料はデビットカードでは一般的にかかるものなので、デビットカード同士を比較した場合はデメリットにはなりません。

2.海外手数料(海外事務手数料)がかかる

WiseデビットカードのATMキャッシングでは、30,000円以上では1.75%の手数料がかかります。

これは海外手数料と呼ばれるもので、「海外事務手数料」とも「海外ショッピング手数料」とも言われます。

この海外手数料は、クレジットカードによるATMキャッシングではかかりません。

そのためこの海外手数料についてもデビットカード同士の比較ではデメリットではないですが、クレジットカードと比較した場合デメリットになります。

メリットのところでも述べましたが、WiseデビットカードはATM引き出し額が30,000円未満なら海外手数料はかかりません。

その場合、上のデメリットはなくなります。

WiseデビットカードをATMキャッシングで使うさいは、なるべく引き出し額を30,000円未満にした方がお得です。

4.まとめ

Wiseデビットカードの紹介でした。

Wiseデビットカードはクレジットカードと比較すると、ATMオーナー手数料と海外手数料がかかるデメリットがあります。

でもデビットカードの中では、Wiseデビットカードはお得なカードです。

毎月2回まで30,000円未満なら手数料が無料ですし、3回目以降でもATM手数料は70円と安いうえに30,000円未満なら海外手数料がかかりません。

Wiseデビットカードは、デビットカードでATMキャッシングしたいあなたにおすすめです。

WiseデビットカードはATMキャッシング以外にも海外送金がお得だったり、外貨での海外送金の受け取りもできたりと、一枚持っていると何かと便利なカードです。

Wiseデビットカードは、Wise公式サイトからアカウントを作ることで発行できます。

Wise公式サイト

上部へスクロール