楽天プレミアムカードは北京旅行におすすめのクレジットカード!プライオリティ・パスが無料で付いて海外旅行保険も充実!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

楽天プレミアムカードは、北京旅行におすすめのクレジットカードです。

空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスが無料でもらえる上に、海外旅行保険も充実、さらにATMキャッシング中国スマホ決済といったお金の問題も解決できます。

プライオリティ・パスは世界1,300カ所以上の空港ラウンジが利用できるサービスで、日本および北京の空港で出発前にくつろいだ時間を過ごせます。

北京旅行では一般的な海外旅行と同じようにケガ・病気に備えて海外旅行保険に入ることが必須ですが、楽天プレミアムカードには海外旅行保険も付いてくるので安心。

さらにATMキャッシングで現金(人民元)を引き出せますし、中国で使えるスマホ決済「アリペイ(Alipay/支付宝)」や「WeChat Pay(微信支付)」、「ツアーカード」にも対応しています。

アリペイ(Alipay/支付宝)WeChat Pay(微信支付)ツアーカードは、北京だけでなく中国全土で使えます。

現地の人は日本のPayPay等のスマホ決済と同じような感覚でアリペイやWeChat Payを使っており、スマホ決済は中国で主流の決済方法です。

これまで中国の銀行口座を持たない旅行者はスマホ決済を使うことができなかったのですが、2023年4月にはツアーカードが、7月にはアリペイとWeChatが海外クレジットカードに対応しました。

これによって中国を訪れる日本人旅行者も、現在スマホ決済ができるようになっています。

これらアリペイやWeChat Pay、ツアーカードに楽天プレミアムカードは登録できるのです。

楽天プレミアムカードは北京でのお金の問題を解決し、あなたの旅を強力にサポートします。

今回は楽天プレミアムカードのメリットを、北京旅行の観点から解説します。

2023年11月1日、楽天プレミアムカードのスーパーポイントアッププログラム(SPU)とプライオリティ・パスについてのサービス変更が発表されました。
端的に言って、改悪と言わざるをえない内容です。
具体的には、以下の通りです。

■SPUについて
2023年11月31日まで
楽天市場での買い物で
1倍(楽天市場利用分)+1倍(楽天カード通常分)+1倍(楽天カード特典分)+2倍(楽天プレミアムカード特典分)
ポイント最大5倍
*「楽天プレミアムカード特典分」の月間獲得上限=15,000ポイント

2023年12月1日以降
楽天市場での買い物で
1倍(楽天市場利用分)+1倍(楽天カード通常分)+1倍(楽天カード特典分)
ポイント最大3倍
*「楽天カード特典分」の月間獲得上限=5,000ポイント

■プライオリティ・パスについて
2024年12月31日まで
海外ラウンジ利用料無料

2025年1月1日以降
海外ラウンジ利用年間5回まで無料

1.プライオリティ・パスが無料でもらえる

1.世界1,300カ所以上の空港ラウンジが使える

楽天プレミアムカードに入会すると、プライオリティ・パスが無料でもらえます。

プライオリティ・パスとは世界148カ国600以上の都市・地域で、1,300カ所以上の空港ラウンジが利用できるサービスのこと。

このプライオリティ・パスがあれば出発前や乗り継ぎの待ち時間に、空港ラウンジでリラックスして過ごせます。

たとえば食事や飲み物を楽しめますし、中にはアルコールの飲めるラウンジもあります。

電源もあるので、スマホを充電することも可能。

その他シャワールームや、新聞・雑誌のあるラウンジもあります。

空港ラウンジは、こんな感じです。

I.A.S.S Superior Lounge -NOA-(成田国際空港 第1ターミナル)
I.A.S.S Superior Lounge -NOA-(成田国際空港 第1ターミナル)
Air China First And Business Class Lounge(北京首都国際空港ターミナル3C)
Air China Premium Lounge(北京首都国際空港ターミナル3D)
BGS Premier Lounge(北京首都国際空港ターミナル3E)
Fortune Wings Lounge(北京首都国際空港第2ターミナル)
Air China First And Business Class Lounge(北京首都国際空港第2ターミナル)
BGS Premier Lounge(北京首都国際空港第2ターミナル)

空港ラウンジは私にとって、北京旅行に欠かせない楽しみのひとつです!

雰囲気のいい空間で、ふかふかのソファに埋もれながら、タダメシを食らいタダ酒を飲むw

最高です ♪

具体的な場所ですが、北京と日本国内では以下のラウンジが利用可能です。

■北京首都国際空港

場所 ラウンジ
ターミナル3C Air China First And Business Class Lounge
ターミナル3D Air China Premium Lounge
ターミナル3E Air China Business Class Lounge
ターミナル3E BGS Premier Lounge
ターミナル3E Air China First Class Lounge
第2ターミナル Fortune Wings Lounge
第2ターミナル Air China First And Business Class Lounge
第2ターミナル BGS Premier Lounge

■北京大興国際空港

場所 ラウンジ
北京大興国際空港 CHUM VIP Lounge
East Pacific Passenger Lounge

■日本国内

場所 ラウンジ
成田国際空港第1ターミナル I.A.S.S Executive Lounge 1
成田国際空港第1ターミナル I.A.S.S Superior Lounge -NOA-
成田国際空港第2ターミナル I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
成田国際空港第2ターミナル I.A.S.S Executive Lounge 2
羽田空港国際線第1ターミナル Power Lounge South
羽田空港国際線第1ターミナル Power Lounge Central
羽田空港国際線第1ターミナル Power Lounge North
羽田空港国際線第2ターミナル Power Lounge Central
羽田空港国際線第2ターミナル Airport Lounge South
羽田空港国際線第2ターミナル Power Lounge North
羽田空港国際線第3ターミナル TIAT Lounge
名古屋・中部国際空港第1ターミナル KAL Lounge
名古屋・中部国際空港第1ターミナル Plaza Premium Lounge
名古屋・中部国際空港第1ターミナル Centrair Global Lounge
大阪・関西国際空港エアロプラザ KIXエアポート カフェラウンジNODOKA(Airport Cafe Lounge NODOKA)
大阪・関西国際空港第1ターミナル Card Members Lounge Annex Rokko
大阪・関西国際空港第1ターミナル Card Members Lounge Kongo
大阪・関西国際空港第1ターミナル Card Members Lounge Rokko  
大阪・関西国際空港第1ターミナル ANA Lounge
福岡国際空港国際線ターミナル KAL Lounge

■食事

場所
成田国際空港第3ターミナル ぼてじゅう屋台(Botejyu Express)
名古屋・中部国際空港 Flight of Dreames Building The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar
大阪・関西国際空港第1ターミナル Botejyu 1946
大阪・関西国際空港第1ターミナル Japan Travelling Restaurant by BOTEJYU

参照:プライオリティ・パス「ラウンジ情報」

2.プライオリティ・パスの最高ランク「プレステージ会員」になれる

2025年1月1日以降、プライオリティ・パスによる海外ラウンジの利用は年間5回まで無料と変更になります。

上記のようにプライオリティ・パスがあると空港ラウンジが利用できるのですが、それに加えて楽天プレミアムカードでもらえるのはプライオリティ・パスの最高ランク「プレステージ会員」同等のサービスです。

プライオリティ・パスには3つのランクがあるのですが、プレステージ会員は空港ラウンジを何回でも無料で利用できます。

このプレステージ会員は通常年会費429$(約63,000円[1$≒147円])もかかるのですが、それが楽天プレミアムカードの年会費11,000円でもらえてしまいます。

これはコスパ最強ですよね!

プライオリティ・パスのプレステージ会員になれるクレジットカードは他にもありますが、その中でも楽天プレミアムカードは年会費が最安です。

たとえば、次のようにです。

■プライオリティ・パスのプレステージ会員になれるクレジットカード比較

クレジットカード 年会費
楽天プレミアムカード 11,000円
セゾンゴールド・アメックス 11,000円+プライオリティ・パス優遇年会費11,000円
三菱UFJカード・プラチナ・アメックス 22,000円
JCBプラチナ 27,000円
エポスプラチナカード 30,000円(招待および年間利用額100万円以上で翌年以降20,000円)
JALカードプラチナ(JCB,AMEX) 34,100円
三井住友カードプラチナ 55,000円
ラグジュアリーカード(チタン) 55,000円
ANA VISA プラチナ プレミアムカード 88,000円
アメックスプラチナ 143,000円

このように多くのクレジットカードの中でも、楽天プレミアムカードは最安でプライオリティ・パスのプレステージ会員になれるのです。

3.カード特典として利用できる空港ラウンジもある

楽天プレミアムカードにはプライオリティ・パスとは別に、カード特典として利用できる空港ラウンジもあります。

主に国内の空港ラウンジですが(ハワイも1カ所)、以下の空港です。

空港 ラウンジ
新千歳空港 スーパーラウンジ
新千歳空港 ノースラウンジ
函館空港 国内線ビジネスラウンジ
旭川空港 ラウンジ大雪(TAISETSU)
青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ラウンジロイヤルスカイ
仙台国際空港 ビジネスラウンジ
新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 らいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
中部国際空港セントレア プレミアムラウンジセントレア
中部国際空港セントレア 第2プレミアムラウンジセントレア
富士山静岡空港 YOUR LOUNGE
成田国際空港 第1旅客ターミナル IASS EXECUTIVE LOUNGE 1
成田国際空港 第2旅客ターミナル IASS EXECUTIVE LOUNGE 2
羽田空港 国内線ターミナル第1旅客ターミナル POWER LOUNGE SOUTH
羽田空港 国内線ターミナル第1旅客ターミナル POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国内線ターミナル第1旅客ターミナル POWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港 国内線ターミナル第2旅客ターミナル POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国内線ターミナル第2旅客ターミナル エアポートラウンジ(南)
羽田空港 国内線ターミナル第2旅客ターミナル POWER LOUNGE CENTRAL
関西国際空港 六甲
関西国際空港 アネックス六甲
関西国際空港 金剛
関西国際空港 NODOKA
伊丹空港 ラウンジオーサカ
神戸空港 ラウンジ神戸
岡山空港 ラウンジ マスカット
広島空港 ビジネスラウンジ「もみじ」
米子鬼太郎空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 ラウンジきらら
出雲縁結び空港 出雲縁結び空港エアポートラウンジ
高松空港 ラウンジ讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ
松山空港 スカイラウンジ
徳島阿波おどり空港 ヴォルティス
高知龍馬空港 ブルースカイ
福岡空港 ラウンジTIME/ノース
福岡空港 ラウンジTIME/サウス
福岡空港 ラウンジTIME/インターナショナル
北九州空港 ラウンジひまわり
九州佐賀国際空港 Premium Lounge さがのがら。
大分空港 ラウンジくにさき
長崎空港 ビジネスラウンジ「アザレア」
阿蘇くまもと空港 ラウンジ「ASO」
宮崎ブーゲンビリア空港 ブーゲンラウンジひなた
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
那覇空港 ラウンジ華(hana)
ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港国際線ターミナル IASS HAWAII LOUNGE

プライオリティ・パスで利用できるラウンジほど豪華ではありませんが、利用できるラウンジが多いのは良いですよね ♪

2.海外旅行保険が付帯

楽天プレミアムカードには、海外旅行保険が付いてきます。

北京旅行ではケガ・病気に備えて、海外旅行保険への加入が必須。

楽天プレミアムカードは、海外旅行保険の補償額も充実しているので安心です。

この補償額について、見ていきます。

1.海外旅行保険の補償額が充実

楽天プレミアムカードは、海外旅行保険の補償額が充実しています。

具体的には、次のとおり。

項目 補償額 内容
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
(自動付帯:4,000万円
利用付帯:1,000万円)
事故によるケガがもとで死亡したり後遺障害が生じた場合に保険金が支払われる。
傷害治療費用 自動付帯:300万円 事故によるケガがもとで医師の治療を受けた場合に保険金が支払われる。
疾病治療費用 自動付帯:300万円 旅行中および旅行終了後72時間以内に発病し医師の治療を受けた場合に保険金が支払われる。
ただし旅行中に原因が発生したものに限る。
損害賠償 自動付帯:3,000万円 旅行中に誤って他人にケガをさせたり他人のものを壊したりして損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる。
携行品損害 最高50万円
(自動付帯:30万円
利用付帯:20万円)
旅行中カメラやスーツケースなどが盗難・破損した場合に保険金が支払われる。
救援者費用 自動付帯:200万円 旅行中の死亡、行方不明、ケガや病気による入院の場合に親族が現地に赴くための交通費・宿泊費・捜索費用などに対して保険金が支払われる。

このうちとくに、傷害治療費用疾病治療費用最高300万円と手厚いのが特徴。

この傷害治療費用と疾病治療費用はケガ・病気の治療費のことで、海外旅行保険で最も重要なもの。

実際中国では、次のようなトラブル事例があります。

支払項目 事故状況 発生した費用
治療費用・救援者費用 高熱のため、病院を受診。治療費用・救援者費用が発生。 治療費用 約1,256,000円
救援者費用 約243,000円
治療費用 吐き気・下痢・熱・手足のしびれの症状があり、病院を受診。治療費用が発生。 約67,000円
治療費用 現地で倒れてしまい、そのまま入院となった。治療費用・入院費用が発生。 約305,000円
治療費用 ベッドから床に降りようとして転落し、額を切った。病院を受診し、治療費用が発生。 約26,000円
治療費用 急性気管支炎のため現地病院で受診。治療費用が発生。 約92,000円
治療費用 マイコプラズマ肺炎のため現地病院で受診。治療費用が発生。 約209,000円
治療費用 急性尿路感染のため現地病院で受診。治療費用が発生。 約185,000円

出典:たびとも「2019年7月エイチ・エス損保調べ」

このように中国の病院で治療費は高額になりがちなので、傷害治療費用と疾病治療費用はそれぞれ200万円以上あるのが望ましいです。

楽天プレミアムカードの海外旅行保険は、傷害治療費用と疾病治療費用がそれぞれ300万円と充実しているので安心です。

楽天プレミアムカードの他にも海外旅行保険付きクレジットカードを1~2枚持っていくのがおすすめ

楽天プレミアムカードの他にも、海外旅行保険付きクレジットカードを1~2枚持っていくのがおすすめです。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は複数カードを持っている場合、傷害死亡・後遺障害以外は保険金が合算されるからです(傷害死亡・後遺障害保険金のみは、所有するカードのうち最高保険金額が限度となり合算されません)。

とりわけ、海外旅行保険で最も利用頻度の多い傷害治療費用と疾病治療費用は、カード複数枚分で保険金額を上乗せできるので、合計2~3枚は持っていくことが推奨されます。

上で紹介したように北京の病院での治療費は高額になりがちなので、楽天プレミアムカードの海外旅行保険だけでは不足する恐れがあります。

たとえば楽天プレミアムカードの他に、海外旅行保険の充実度で有名なエポスカードの保険金額を合算すると、以下のようになります。

項目 楽天プレミアムカード エポスカード 合算額
   
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
(自動付帯4,000万円
利用付帯1,000万円)
3,000万円 4,000万円
(合算されない)
傷害治療 300万円 200万円 500万円
疾病治療 300万円 270万円 570万円
賠償責任 3,000万円 3,000万円 6,000万円
携行品損害 合計50万円
(自動付帯30万円
利用付帯20万円)
20万円 50万円
救援者費用 200万円 100万円 300万円

表のように、傷害死亡・後遺障害のみは合算されず楽天プレミアムカードの保険金額が限度になりますが、それ以外は合算されます。

エポスカードは年会費無料ですし、海外旅行保険が充実しているのでおすすめです。

エポスカード公式サイト

エポスカードについては、別に詳細な解説記事を書いております。

エポスカードは年会費無料ながら海外旅行保険が充実!北京旅行におすすめのクレジットカード

北京旅行ではケガ・病気の治療費用である傷害治療・疾病治療の保険金額を手厚くしておきたいので、カードは合わせて2~3枚あると安心です。

2.海外旅行保険が自動付帯

楽天プレミアムカードの海外旅行保険は、基本的に自動付帯です(一部利用付帯)。

この自動付帯が何かというと、そもそもクレジットカードに付帯する海外旅行保険には自動付帯と利用付帯があります。

自動付帯とは、カードを持っているだけで日本出国後自動で海外旅行保険が補償されるというもの。

一方利用付帯では、海外旅行を目的とした電車代や航空券などの料金をカードで支払った場合にのみ、海外旅行保険が補償されます。

どちらがいいかと言えば、もちろん自動付帯。

自動付帯ならカード利用しなくてもよく、持っているだけで自動で海外旅行保険が付くので楽ちんだからです。

楽天プレミアムカードの海外旅行保険は一部利用付帯のものもありますが、大半は自動付帯です。

とくに海外旅行保険で重要な、傷害治療費用と疾病治療費用が自動付帯なのは大きなメリットです。

傷害死亡・後遺障害と携行品損害は一部利用付帯なので、この補償額を積み増したいなら利用条件を満たす必要があります。

利用条件は、楽天プレミアムカードの引受保険会社「楽天損害保険株式会社」のガイドには以下のようにあります。

「利用条件」と記載がある補償内容は、日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天プレミアムカードで支払った場合(補償期間/日本を出国してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、補償されます。

引用:楽天損害保険株式会社「海外旅行傷害保険ガイド」

募集型企画旅行とはツアーのことなので、利用条件としては公共交通乗用具の利用の方が簡単でしょう(ここはひとり旅旅行者向けの記事でもありますし)。

公共交通乗用具とは、以下を指します。

公共交通乗用具とは

航空法、鉄道事業法、海上運送法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどをいいます(当該旅行のために乗用するものに限ります。)。

引用:楽天損害保険株式会社「海外旅行傷害保険ガイド」

傷害死亡・後遺障害と携行品損害の補償額を積み増したいなら、旅行前に飛行機や電車の代金を楽天プレミアムカードで支払っておきましょう。

3.医療費キャッシュレスサービスが受けられる〜「緊急医療アシスタンスサービス」

楽天プレミアムカードの海外旅行保険は、医療費キャッシュレスサービスが可能です。

これは病院において、その場で治療費を自己負担することなく治療を受けられるサービスのこと。

中国をはじめ海外では病院での治療費が高額になりがちであり、治療費が100万円以上になると支払いが困難になりかねません。

楽天プレミアムカードにはこの医療費キャッシュレスサービスがついているので、医療費を支払うことなく(保険金額の限度内ですが)治療を受けられます。

北京でケガ・病気になった時など、緊急医療等に関する問い合わせ先はこちら。

■楽天損保の緊急医療アシスタンスサービス

滞在地 電話番号
中国(北部) 10800-813-0855

医療費キャッシュレスサービスの利用法については、別の記事で解説してますので参考にしてください。

北京のキャッシュレス提携病院一覧。海外旅行保険付帯クレジットカードのキャッシュレス診療受診方法も解説

3.ATMキャッシングで現金(人民元)を引き出せる

楽天プレミアムカードは、ATMキャッシング現金(人民元)引き出しができます。

ATMキャッシングは、通常の海外旅行では現金を入手する手段としてとても便利です。

中国は買い物などの決済だとクレジットカードがほとんど使えませんが、北京の銀行にはたいていVisaやMasterCardが利用できるATMが設置されています。

そのため、VisaかMasterCardブランドの楽天プレミアムカードは、北京の至るところでキャッシングできます。

注意点として、JCBAmericanExpressのブランドは選ばないでください

JCBが利用できるATMは中国にはほとんどありませんし、AmericanExpressはそもそもATMキャッシングできません。

キャッシングの主なメリットは、以下の点です。

  • 中国の銀行での両替より簡単・確実
  • 24時間365日利用可能

まずATMキャッシングは、中国の銀行での両替より簡単・確実です。

北京の銀行では2018年から口座を持たない人の現金外貨両替を断るケースが出てきたと、ガイドブック「地球の歩き方 北京2019~2020」では報告されています。

両替を受け付ける場合でも、中国の携帯電話番号や日本のマイナンバー等の両替書類への記入が求められます。

銀行での両替ができないわけではありませんが、中国語が話せないと銀行の窓口でのやり取りはかなり難しくなります。

また、中国語が話せたとしても、両替に必要な身分証明書が用意できないリスクがあります。

そのことを思うと、楽天プレミアムカードさえ持っていれば中国語や英語が話せなくても利用できるATMキャッシングはより確実な現金の入手方法と言えるでしょう。

中国で両替できる場所は、銀行以外ではおもに空港の両替所ホテルになります。

街中に両替所のような場所はないと思います(今まで見たことがありませんしガイドブックにも記載がありません)。

空港の両替所は中国の銀行に比べてレートが悪いうえ、1回につき40~60元の手数料が必要になるのでおすすめできません。

ホテルの両替は1元以下の端数は切り捨てられるのが一般的とされ、レートも中国の銀行に比してよくないようです。

中国の銀行では基本レートで両替が可能で、1元以下の端数も受け取れますが、上記のように口座がないと両替できないこともあります。

やはりATMキャッシングが、最も簡単・確実でしょう。

またATMキャッシングは、24時間365日利用できるのも便利なところ。

このように現金の入手手段として、ATMキャッシングはおすすめです。

ATM手数料と利息について

海外ATMキャッシングには、ATM手数料利息が発生します。

ATM手数料は引き出した金額が

  • 日本円で1万円以下なら110円(税込)
  • 日本円で1万円以上なら220円(税込)

です。

利息についてですが、楽天プレミアムカードの年利は一般的なクレジットカードと同様18.0%です。

1日の利息は

18%÷365日≒0.05%

つまり利用日から支払日まで、0.05%×日数分の利息がかかります。

支払いは1回払いで、楽天プレミアムカードの引き落とし日に口座から自動引き落としされます。

4.アリペイ・WeChat Pay・ツアーカードに登録できる

楽天プレミアムカードは、中国のスマホ決済「アリペイ(Alipay/支付宝)」や「WeChat Pay(微信支付)」、「ツアーカード」に登録できます。

中国では近年スマホ決済が急速に広がり、特にアリペイとWeChat Pay(微信支付)は支払いの主流となっています。

wechat,alipay

以前はこのスマホ決済を利用するには、中国の銀行口座と中国の電話番号が必要だったので、中国旅行者にはスマホ決済はハードルが高かったのでした。

しかし2023年4月より上海銀行は、中国を訪れる海外旅行客がアリペイまたはWe Chatを通してスマホ決済できるミニプログラム「ツアーカード」を開始しました。

さらに2023年7月にはアリペイとWeChat Payが海外クレジットカードに対応しました。

これによって中国を訪れる日本人旅行者は、中国の銀行口座がなくともクレジットカードがあればスマホ決済できるようになったのです。

これらアリペイやWeChat Pay、ツアーカードに、楽天プレミアムカードを登録することができます。

実際に私自身試してみましたが、楽天プレミアムカードはちゃんと登録できました!

登録できないカードもあるので、スマホ決済アプリに登録できるのは楽天プレミアムカードのメリットです ♪

支払いの際このスマホ決済はとても便利なので、北京旅行の前にはアプリをダウンロードし使えるようにしておきましょう。

アリペイとツアーカードについては、別の記事で解説しています。

【2023年10月最新】アリペイ(Alipay/支付宝)の登録と使い方。日本のクレジットカード紐付けでスマホ決済できる!【北京旅行】

【2023年6月】ツアーカード(Tour Card)の登録と使い方。アリペイ(Alipay/支付宝)とWe Chat(微信)で使えるスマホ決済【北京旅行】

5.楽天プレミアムカードのデメリット

年会費11,000円(税込)かかる

楽天プレミアムカードのデメリットは、年会費が11,000円かかることです。

ただ楽天プレミアムカードの入会で年会費429$(約63,000円[1$≒147円])のプライオリティ・パスがもらえるので、コスパはむしろ良いと思います。

北京旅行の際空港ラウンジを利用するなら、年会費分以上の価値を感じられるのではないでしょうか。

6.年に1回は北京旅行に行くならおすすめ

楽天プレミアムカードの、北京旅行にとっての主要な特徴を紹介しました。

楽天プレミアムカードはプライオリティ・パスが無料で付いてくるので、北京旅行の際には空港ラウンジで贅沢な時間を楽しめます。

海外旅行保険も付帯し、北京旅行の際にケガや病気にかかっても安心。

ATMキャッシングによる現金(人民元)の入手や、スマホ決済「ツアーカード」にも対応しています。

海外旅行保険や現金・支払い方法の確保は北京旅行で絶対に必要なことであり、これらを楽天プレミアムカード1枚で解決できるのです。

さらに空港ラウンジを利用できることも考えると、年に1回以上北京旅行するなら年会費以上のメリットがあります。

北京旅行にはぜひ、楽天プレミアムカードを持っていってください。

7.その他北京旅行に便利な特典

楽天プレミアムカードの北京旅行にとっての主要なメリットは、上に説明してきたとおりです。

その他にも上で見てきたメリットほど重要ではないですが、いくつか北京旅行に便利な特典があります。

以下、見ていきます。

1.トラベルデスク

楽天プレミアムカード限定特典として、北京のトラベルデスクがあなたの旅をサポートしてくれます。

主なサービス内容は、以下のとおり。

■緊急時の各種案内

パスポート・カード紛失盗難、病気・ケガなど

■現地の様々な情報の紹介

都市・観光情報など

■各種予約・手配

レストラン・オプショナルツアーの予約など

住所、営業時間等はこちら。

【北京】

住所:北京市丰台区榴乡路88号院石榴中心10号楼1206-1208室(JTB内)

TEL:010-6512-6703

営業時間:9:00~17:30

休日:土・日・祝祭日・旧正月

2.「選べるサービス」の「トラベルコース」

楽天プレミアムカードでは「選べるサービス」という3つの優待サービスが用意されています。

「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」の3つで、このうちひとつを選ぶことができます。

ここでは北京旅行で使えるサービスとして「トラベルコース」を紹介します。

1.「楽天トラベル」でポイント+1倍

トラベルコースを選ぶと、「楽天トラベル」の利用でポイント1倍となります。

上の図のように、楽天トラベルの利用で1%+楽天カード通常分として1%+トラベルコース特典分として1%で、合わせて3倍です。

条件として、楽天プレミアムカードでのオンライン決済が必要になります。

2.手荷物宅配サービス

トラベルコースを選ぶと、手荷物を無料で届けてくれるクーポンももらえます。

自宅から空港へ、または空港から自宅へ、手荷物を無料で届けてくれます。

ただし年間2回まで。

自宅から空港、空港から自宅はそれぞれ1回とカウントされ、往復の利用は2回とカウントされます。

利用できる空港は成田国際空港羽田空港国際線関西国際空港中部国際空港になります。

8.楽天プレミアムカードの日本でのメリット

楽天プレミアムカードは北京旅行だけでなく、日本でのメリットもあります。

たとえば、次のようなものです。

1.動産総合保険(ショッピング保険)

楽天プレミアムカードには、動産総合保険(ショッピング保険)が付いてきます。

楽天プレミアムカードで購入した商品(1個1組1万円以上)が、購入から90日以内に偶然の事故(破損・盗難・火災等)によって生じた損害を補償してくれます。

年間補償限度額は、以下のとおり。

補償限度額 (年間)300万円
自己負担額 (1回の事故につき)3,000円

3,000円の自己負担が必要になりますが、1万円以上の商品が補償されるのでメリット大きいですよね ♪

9.楽天プレミアムカードのスペック

最後に、楽天プレミアムカードのスペックをまとめておきます。

年会費 11,000円(税込)
ブランド Visa、Master、JCB、AmericanExpress
カード付帯保険 【海外旅行傷害保険】最高5,000万円
【国内旅行傷害保険】最高5,000万円
【動産総合保険(ショッピング保険)】最高300万円
海外空港ラウンジ プライオリティ・パス無料(世界1,300カ所以上の空港ラウンジ無料)
国内空港ラウンジ 主要国内空港ラウンジ無料
旅行デスク 海外トラベルデスク
ポイント還元率 1.0%
*楽天市場では常時3%
優待サービス 「選べるサービス」から1つ選べる
■楽天市場コース
■トラベルコース
■エンタメコース
利用可能額 最高300万円
その他 ■ATMキャッシング可(AmericanExpressのぞく)
*JCBは中国で使えるATMがほとんどないので注意
■アリペイ・WeChat Pay・ツアーカードの登録可

10.まとめ

楽天プレミアムカードを紹介してきました。

いかがでしたか。

楽天プレミアムカードはプライオリティ・パスが無料でもらえるので、北京旅行時に空港ラウンジでリラックスした時間を過ごせます。

また充実した海外旅行保険も付きますし、ATMキャッシングや中国のスマホ決済にも対応。

とくに海外旅行保険や現金(人民元)の入手は、北京旅行の必須事項です。

これらの問題を、楽天プレミアムカード1枚で解決できるのは大きいですよね ♪

楽天プレミアムカードは、北京旅行におすすめのクレジットカードです。

Scroll to Top